暇つぶしに人生を捧げる!

ゲーム、漫画、バイト、その他の暇つぶしを全力で模索するブログ

【平成ゲーム史】新元号も発表されたし平成のゲーム史30年間を振り返る【後編】

ゲーム史

 

平成ゲーム史後編です。

 

このあたりから我々の記憶に新しい出来事ばかりです。ゲーム業界の成長も失敗も自分の身で体感できたのはなんだか不思議な感じがします。

 

それでは平成ゲーム史を締めくくりましょう。

 

前回の記事はこちら

 

 

ゲームソフトの発売まで全部載せたらシークバーがミリしか残らないので、

  • ミリオン超えのゲームソフト
  • 著名なゲーム機(販売台数が分かれば台数も)ただし、どマイナーな機種は除外
  • 著名なゲームイベント

に絞って記載します。販売台数や本数は基本的に国内での集計。

 

 

 

 

2006年(平成18年)

家庭用ゲーム

 

携帯ゲーム

 

wii

 

ps3

 

相変わらずDSソフトが無双してますw

 

Wiiを発売しました。この時期の任天堂はまさにピークでDSと共に絶好調な売れ行きで過去最高利益を叩き出しました。この先当分は任天堂の天下が続きます。

 

そして待ってました、PS3の発売です。PS3からやっとフルHD化されます。ゲーム機もアナログからデジタルの時代に移った転換期ですね。

 

しかし初期のPS3の価格は5万円もしました。WiiPS2が2〜3万円で買える時代に5万円もするゲーム機を買う人なんて稀でしたね。唯一ブルーレイプレイヤーとしては優秀でした。

 

安価で薄型の後継機が出るまでは任天堂の背中を追いかける形になりますね。

 

 

2007年(平成19年)

家庭用ゲーム

 

携帯ゲーム

 

モンハン2nd

 

今見ると大きなイベントは起きてませんね。絶好調なWiiの翌年だから任天堂も余裕です。

 

この年はモンハン2ndとPSP2000が発売されたくらいでしょうか。この新型PSPは素晴らしかったですね。スペック向上でロード時間が短くなったり、薄型軽量化してモンハン持ちもしやすいし。

 

 

2008年(平成20年)

家庭用ゲーム

 

携帯ゲーム

 

モンハン2ndg

 

psp3000

 

WiiもDSもミリオンセラーの販売本数がおかしいですねw100万本どころか200,300万を超すってヤバすぎるw

 

そんな中モンハン2ndGは善戦しています。確か1週間経たずにミリオン達成しましたね。PSP3000も発売されたし、僕を含めてモンハン中毒者がかなり居ましたw

 

 

2009年(平成21年)

家庭用ゲーム

 

携帯ゲーム

 

ゲームイベント
  • 8月19日 - コンピュータゲームの見本市である『gamescom』の第1回が開催

 

pspgo

 

イクラだったりリーグオブレジェンドだったり後にビッグコンテンツになるゲームがスタートしてます。当時は存在すら知りませんでしたw

 

ソニーPS3の改良機を出しますが、携帯ゲーム機のほうは大失敗します。PSPgoの登場です。UMD全盛期の時代にゲームソフトをオンライン販売のみにしたのは悪手でしたね。時代が追いついてなかった。

 

 

2010年(平成22年)

家庭用ゲーム

 

携帯ゲーム

 

ゲームイベント
  • 4月27日 - 梅原大吾が日本人初のプロゲーマーとなった

 

キネクト

 

psmove

 

キネクトとかプレステムーブとか面白い試みをしてますが日本では流行りませんでしたね。そもそもハードを持っている人が少なかった気がする。

 

PSP最後のモンハン3rdの発売です。販売本数を見てもらえれば納得ですがPSPで最も売れたゲームソフトです。20代以下の年齢ならほぼ持っていたでしょうね。

 

 

2011年(平成23年

家庭用ゲーム

 

携帯ゲーム

 

ゲームイベント

 

3ds

 

vita

 

日本人なら2011年は地震のあった年で忘れられませんね。3DSが発売した年でもあります。

 

2010年代初頭は3D演出が流行しました。3DSの凄いところは裸眼での3D立体視が可能だった点です。3D映画を見たことがある方ならお分かりだと思いますが、立体視するには3Dメガネを掛けないといけませんでしたよね。些細なことですがメガネを介さずゲーム機だけで立体視が完結するのは画期的でしたね。

 

そしてPSVitaも登場です。ですがVitaでモンハンが発売しなかったのが致命的。ソフトも微妙なのばかりでPSPの後釜になることはありませんでした。

 

 

2012年(平成24年

家庭用ゲーム

 

携帯ゲーム

 

スマホゲーム

 

wiiu

 

有名なスマホゲームが続々と世に放たれていく中、任天堂WiiUを発売しました。

 

今考えると完全にスイッチの試作機ですよねw

Wiiとの互換が切れなかったのが大型化の、そして失敗の原因な気がします。一部、有名新規IPも生み出したWiiUですがハード的には失敗だったと言わざるを得ませんね。

 

 

2013年(平成25年)

家庭用ゲーム

 

携帯ゲーム

 

スマホゲーム

 

妖怪ウォッチ

 

本当に何も無い年ですね...

ポケモンとモンハンが3DSで出たくらいかな。

 

妖怪ウォッチは大ブームというか社会現象になりましたね。ポケモンを食い潰すコンテンツかと思われましたが、この勢いは3,4年ほどで終わってしまいました。

 

 

2014年(平成26年

家庭用ゲーム

 

携帯ゲーム

 

スマホゲーム

 

xbox1

 

ps4

 

個人的にはハースストーンを取り上げたいですが、Xboxとプレステの次世代機の登場は語らざるを得ませんね。

 

XboxOneは日本では振るわない結果になりましたが世界で見れば大成功の部類です。そしてあのコントローラーを生み出したのが最大の功績だと思いますw

 

PS4はもはや語るまでもありません。WiiUの残念さの中、優秀なPS4が発売されればゲームユーザーの心は自然とPS4に向かいますよね。ソフトも続々と発売されミリオンセラーこそ少ないですが面白いゲームばかりです。

 

 

2015年(平成27年

家庭用ゲーム

 

携帯ゲーム

 

スマホゲーム

 

スプラトゥーン

 

はい、スプラトゥーンの発売した年です。

新規IPでここまで成功するのは近年では本当に珍しいですね。実際めちゃくちゃ面白い。スプラトゥーンのためだけにWiiUを買う人もいましたから。

 

ソシャゲのFGOもリリースしてます。アダルトゲームだったフェイトを現在に至るまで成長させ、誰もがプレイするゲームになるなんて夢にも思いませんでしたよ。

 

 

2016年(平成28年

家庭用ゲーム

 

携帯ゲーム

 

スマホゲーム

 

psvr

 

ps4pro

 

俗に言うVR元年ですね。VR市場が急速に伸びた年です。

PSVRは約5万円もしましたが売り切れ続出で転売ヤーが蔓延りましたね。

 

PS4ProもPSVRに合わせて発売です。単純にスペック強化版ですがロード時間の短縮をしてくれるだけで買う価値がありましたw

 

この年は有名ソシャゲも沢山リリースしてます。クラロワ、シャドバ、ポケゴーなど現在でも人気のあるゲームですね。 

 

 

2017年(平成29年)

家庭用ゲーム

 

携帯ゲーム

 

スマホゲーム

 

スイッチ

 

スイッチキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

WiiUの失敗から一転してスイッチは大成功しています。 据置にも携帯ゲーム機にもなるって凄すぎでしょ...ソフトのラインナップもとんでもないですよねwゼルダから始まりマリオで終わるなんて最高の年でしたよ!

 

 

2018年(平成30年)

家庭用ゲーム

 

モンハンワールド

 

スマブラ

 

最近2018年が終わりましたが、ゲームの販売本数は時間が経たないとミリオン超えは難しいので判明している数本だけの記載となりました。

 

まあ納得のラインナップですよねwモンハンがPS4で発売された衝撃は今でも忘れられません。スマブラも面白すぎるゲームです。どちらもまだまだ売上を伸ばすでしょう。

 

 

後編おわり

 

お疲れ様でした!平成30年間は短いようで長かったですね!

 

ゲームの世界は日進月歩で我々ユーザーを常に楽しませてくれます。

 

ゲームの無い日常なんてつまらなすぎるのでゲーム業界にはこれからも頑張ってもらいたいです。